会社案内

工場写真
▲第一工場と第二工場

代表ごあいさつ

石垣社長
社長からの一言
 
 当社は設計からお手伝いする“美しい階段創り世界一”を目指す、階段・手摺・階段室鉄骨の専門メーカーです。
 特にねじり曲がったらせん階段や魅せるデザイン階段が得意です。
 創業60余年の積み重ねられた高い技術力とそれを実現する為の3DCAD、3DCAM、3Dプリンター、3Dレーザー加工機、3Dベンダー、3Dスピニング等の世界最先端設備、沢山の実績に基づく磨かれた感性、そしてどんな難しい仕事にも果敢に挑戦する社員のチャレンジ精神が自慢です。

会社概要

会社名
石垣鐵工 株式会社
設立年月日
昭和53年7月
代表者
代表取締役 石垣 勝康
所在地
秋田県大館市二井田字前田野5番地2
資本金
1,000万円
主要取引銀行
秋田銀行大館駅前支店
日本政策金融公庫 秋田支店
従業員数
60名
工場所在地
秋田県大館市二井田字前田野5番地2
工場規模
第一工場   敷地面積/19,025.16㎡
       延床面積/2,409.20㎡(20m×120m)
第二工場   延床面積/2,412.60㎡(20m×120m)
管理棟    延床面積/602.78㎡
加工能力
月産350t(階段300本程度)
建設業許可
鋼構造物工事業 秋田県知事(般-29) 第6407号
国土交通大臣認定
Mグレード 認定番号 TFB M-130809
第一工場
≪第一工場≫
第二工場
≪第二工場≫
工場 航空写真
≪航空写真≫
管理棟
≪管理棟≫
事務所ロビー
≪事務所ロビー≫
応接スペース
≪応接スペース≫

沿革

昭和30年(1955)3月
創業 大館市南町地内に鉱山、営林署機械の製作・修理を主に自営開業
昭和40年(1965)4月
三浦工業(株)Zボイラー販売据え付け代理店となる
昭和48年(1973)4月
鉄骨製造事業の取り組みを開始する
昭和49年(1974)12月
秋田県建設業の許可(鋼構造物工事業)を受ける
昭和53年(1978)7月
設立(昭和53年7月1日) 有限会社石垣鐵工場に法人化
代表取締役 石垣精一、資本金200万円
昭和54年(1979)4月
大館市池内に工場を移転
昭和62年(1987)4月
コンピューターによる自動製図(CAD)システム導入
平成2年(1990)2月
代表取締役に石垣勝康 就任、資本金500万円に増資
平成3年(1991)3月
大館市二井田字陣の腰に工場を新築移転する
平成3年(1991)10月
大館市誘致企業の指定を受ける
平成6年(1994)9月
レーザー加工機を導入、階段製作専門メーカーを目指す
平成8年(1996)11月
インターネットにて工事受注を始める
平成9年(1997)5月
プラズマ加工機を導入する
平成10年(1998)1月
工場を増築する
平成10年(1998)3月
LANシステムを導入する
平成11年(1999)8月
ドリルソーを導入
平成15年(2003)1月
3D-CADを導入
平成15年(2003)11月
ISO 9001:2000 認証取得
平成17年(2005)3月
創立50周年を迎える
平成18年(2006)9月
資本金1000万円に増資
平成19年(2007)8月
石垣鐵工株式会社に組織変更
平成19年(2007)9月
秋田県営大館第2工業団地内に工場新設
平成20年(2008)6月
国土交通大臣の認定工場(Mグレード)となる
平成25年(2013)4月
AW溶接技能検定合格
平成26年(2014)12月
秋田県営大館第2工業団地内に管理棟及び第二団地工場増設
平成28年(2016)3月
本社所在地を大館市二井田字前田野5番地2に移転
平成29年(2017)8月
ISO 9001:2015 認証取得

アクセス

[住 所] 〒018-5751 秋田県大館市二井田字前田野5番地2
ご案内図
鉄道/東北新幹線 盛岡駅から車で90分
お車/東北自動車道 十和田ICから 30分
お車/東北自動車道 二井田ICから10分
空路/青森空港から車で100分
空路/大館能代空港から車で30分
石垣鐵工株式会社
〒018-5751
秋田県大館市二井田字
前田野5番地2

TEL.0186-59-8102
FAX.0186-59-8103

●各種階段
 (らせん、デザイン、階段室鉄骨)の製造、取付
● スパイラルスロープ
 (避難用、観覧用、駐車場)の製造、取付
● 各種スチール手摺
 (らせん、デザイン)の製造、取付
● 建築金物 の製造、据付
● レーザー加工
● 三浦工業(株)Zボイラの販売、
  据付、配管